中華おせちと料亭のおせち

やっぱりおすすめは中華おせちと、京都の料亭おせち。
HPをみると拝見した第一印象は、中華のおせちなんて珍しいと思いました。定番とされるおせち料理はすぐに飽きてしまうので中華料理というだけで、目が行きました。ボリュームも満点だと思います。中華料理は腹持ちもいいので、このくらいの量があればすぐつまめるし良いと思います。値段もお手ごろだと思います。お正月くらいは豪勢に行きたいという気持ちになるので、このくらいの値段はよいと思います。気になった具材はちまきです。もち米が大好きなので、ちまきが入っているだけですごくラッキーな気持ちになると思います。
料亭のおせちは京都の老舗の味が楽しめるのです。京都おせち 盛り付け済み 高級料亭のお取り寄せおせちを参考にして通販しています。
“中華おせちと料亭のおせち”の続きを読む

こんなのんびりしたお正月にかにとおせちを喰らう!

私のお正月の過ごし方は、最近は年越しに、家族みんなで料理を食べ一年の労いをします。それからテレビをみんなで見ながらカウントダウンして、元旦を迎えます。翌朝の元旦に家族と初詣にお宮参りに行きます。この初詣とは自宅の近所のお寺や神社や御宮へ四件参りに行きます。お参りを済ませて、また家族が集まり、自宅の神棚や仏壇に参り、今度は年賀状の披露と宝くじを開封したりします。姪や甥がいる私は、お年玉をあげる時間です。準備していたお年玉をあげて、またみんなでおそばを食べたり、甘酒を飲んだり、ゆっくりのんびりしながら過ごします。

翌日には、友人と初詣に行ったりすることもあります。また、遠くに住んでいる友人が帰ってきていたりするので、同窓会の集まりがあったりします。普段なかなか会えないので、こんな時間を作ってみんなで会えるときは懐かしい話で笑いが尽きません。近くにいてもなかなか会えない友人もいるので、こうして一年に一度くらいは会いたいものですね。

私の職業柄、お正月は3日から仕事が始まるので、ゆっくり過ごし、おいしいご飯を食べのんびり過ごしています。

普段は、こうしてゆっくりのんびり休むことができないので、お正月は毎年、家族で過ごし身体も休め、新たな気持ちに切り換えています。